特許情報
2015.05.30

平成27年5月15日、
弊社は、データベース(GPSログ、ビッグデータ等)を使ったタクシー等の車両運行領域の決定や車両運行システム開発に関し、ビジネスモデル特許を取得しました。
・発明名称:タクシー運行支援装置およびタクシー運行支援システム
・特許番号:第5740693号
・出願番号:特願2013-115998
タクシーを分譲住宅地や集合住宅団地・マンションに適正配備する自動化プログラミングの開発で少子高齢社会にマッチさせた進化形タクシー運行である。
”タクシーシェアリング”という方法論で、少子高齢社会化が進む都市郊外居住区に住む、主に自立生活高齢者(特定,元気高齢者)や子育てママなどの生活移動をサポートできる。
将来的に平均年齢と健康年齢の差(介護制度対象期間)を縮小させる諸政策により、要介護要支援非対象の元気高齢者人口は確実に増加する。さらに地域包括ケアの生活支援で、福祉タクシーの対象にならないため、自宅からお出掛けや買物が困難になる。このような社会事象に先取りしたしくみ特許である。