News release 2014、8月
2014.08.03

子育てママさんを主体とした新しいモビリティサービス
「おもいやりタクちぃ事業」の導入に向けた社会実証実験を始めます。

-三鷹ネットワーク大学推進機構平成26 年度地域貢献協働研究事業-

当社は7月22日、NPO法人三鷹ネットワーク大学推進機構の
「民学産公」協働研究事業として、「タクシーシェアリング」*1という
狭域限定運行の考え方(特許出願)に基づき、新しいモビリティサービス
の社会導入にむけた研究事業について採択され、実証実験を8月より
開始します。

バス、タクシー等の公共交通機関の利用前提を一度リセットし、
子育てママさんの期待する生活移動の機能やサービスについて、
前期はグループインタビュー、フォーラムイベント開催による
情報収集とウエブサイトとFacebookによるデイリーな情報収集で、
暮らしの生活移動で発生するHidden needsやwantsを究明して
いきます。

後期は、ケーススタディとして「タクシーシェアリング」という
方法論で、タクシー1台を利用してモニターによる運行形態*2や
接客サービスについて検証していきます。

*1:平成25年6月ビジネスモデル特許出願済
*2:国土交通省自動車局、関東運輸局、三鷹市役所に説明承認済

協力支援
NPO法人三鷹ネットワーク大学推進機構
NPO法人子育てコンビニ